【牛ホルモン センマイ】見た目で判断するな!きっと癖になる部位

牛ホルモンの種類は20種類以上あることをご存知ですか?

今回はその中でもホルモン通に人気のセンマイについて解説していきます。

見た目にインパクトがあり、癖のある臭いと食感で苦手な方も多いセンマイですが、良さがわかるとハマってしまう。

そんなセンマイの魅力に迫り、自宅でも気軽に食べられるおすすめ商品もご紹介します。

牛ホルモンのセンマイとはどこの部位?

センマイとは牛の第3胃袋のことです。

牛には胃袋が4つあり、それぞれ見た目や役割が異なります。

センマイは主に栄養吸収機能を担っていて、牛が食べたもので大きなものは第2胃へ送り返し、小さなものは第4胃へ送る役割をしています。

ヒダが幾重にも重なっていることで、朝鮮語でチョニョブ(千葉)日本語で千枚を意味することから、センマイ(千枚)と呼ばれるようになったそうです。

センマイの特徴

センマイの見た目は、外側が黒から灰色のような色をしていてヒダになっています。内側は肉厚があり白色をしています。

ヒダを残しながら細長く切ったものを、焼肉やもつ鍋に入れて食べることが多く、コリコリとした食感がありセンマイ独特の臭みが特徴。

丁寧に下処理したものは臭いも少なく、歯ごたえがあり癖になる人が多いです。
ただ見た目から雑巾などと呼ばれることもあり、苦手な人も多くセンマイは好き嫌いがハッキリ分かれるホルモンの部位です。

生センマイ(センマイ刺し)とは?

センマイの中でも、鮮度が良く丁寧な下処理を行ったもので生センマイ(センマイ刺し)として提供されるものがあります。

生の刺身として扱われる生センマイ(センマイ刺し)ですが、刺身と言っても一度沸騰したお湯の中に約2~3分浸け灰汁抜きをします。

お湯から取り出したら冷水で冷やします。それを細長く切って酢味噌などで食べるのが一般的な生センマイです。

黒センマイと白センマイの違い

お店によって色が違う黒と白のセンマイをご存知でしょうか。
どちらも同じセンマイですが、黒センマイは先ほどの生センマイ。

同じものを同じ工程で処理し、細切りにする前にひと手間加えると白センマイになります。黒センマイ(普通のセンマイ)の表面に薄皮があり、丁寧に手またはスプーンなどで剥がすと白センマイになります。

手間がかかるため黒いまま提供するお店が多いです。白センマイにすることでセンマイの独特の臭みが抑えられあっさり食べられます。

白にすることで癖になる臭みがなくなるため人によって好みが分かれます。

センマイの下処理

センマイを食べるまでに大切なのが下処理です。

塊で購入した場合、ヒダとヒダの間に汚れが無いかをチェックします。
あれば流水で流してください。

水に浸けてしばらく置いておくと全体の汚れも落ち、全体を沸騰したお湯の中に約2~3分浸けて灰汁抜きをし、流水で流すと綺麗な状態になります。

カットしたものを購入した場合は、ある程度汚れを落とす処理まではしていることが多いので、臭いが気になる場合のみボイルすることをおすすめします。

センマイの食べ方

センマイの食べ方は、先ほど説明した

 

生センマイ(センマイ刺し)として生で酢味噌を付けて食べる、

焼肉でしっかり焼いて焼肉のタレで食べる、

もつ鍋に入れてしょうゆや味噌味のダシで食べる、

ホルモン焼きうどんに入れてソース味で食べるなど。

 

生で食べる以外は、他のホルモンといっしょに混ぜて食べるとより美味しくなります。

センマイの購入方法

センマイだけを購入したい場合、ホルモン専門店またはインターネット通販で購入可能です。

そのとき注意することは、冷蔵品または冷凍品。
冷蔵品であれば鮮度が良い可能性が高いです。

塊かカット済なのか、味付けがしているのかしていないのか。

国産牛または黒毛和牛。価格設定が妥当かどうかの比較など。

牛ホルモンのセンマイ通販おすすめ商品

数ある商品の中から、鮮度や状態、価格などを比較し厳選したおすすめ商品を精肉のプロがご紹介します。

お探しの商品が見つかれば幸いです。

厳選黒毛和牛 生センマイ 200g


黒毛和牛新鮮ホルモンセット センマイ200g他

厳選した黒毛和牛を取り扱う専門企業。

黒毛和牛のホソ(小腸)200g、プリプリセンマイ200g、サンドミノ100g計500gのセット商品。

鮮度が良いのもプラスの材料ですが、黒毛和牛のホルモンを限定して取り扱えるお店は意外に少ないです。
ホルモンはお肉と違って仕入れルートが限られているため、信用がないと鮮度の良い商品が揃いません。

ホルモンは好みがあるためセンマイ以外のホソ(小腸)、サンドミノ(脂付きミノ)も好む方にオススメ。

タレを付けて焼くも良し、もつ鍋に入れて食べるも良し。

 

その他の牛の胃袋

・第一胃袋 ミノ(上ミノ)

・第二胃袋 ハチノス

・第四胃袋 赤センマイ(ギアラ)

焼肉で人気部位【ミノ】の秘密とは?美味しい焼き方を伝授!

まとめ

牛ホルモンの第三胃袋のセンマイについて解説しました。

ホルモンはそれぞれいろいろな特徴があり、好みも人それぞれ違います。

見た目で判断せず、一度チャレンジしてみて下さい。

新しい発見があり、好きな部位が増えるかもしれません。

【お肉なび】では牛肉や牛ホルモンの部位について発信しています。

牛ホルモンミックスおすすめ部位と下処理方法!通販商品紹介

最初のコメントをしよう

必須