牛ホルモン【シマチョウ】とは?テッチャンと大腸との関係は?

焼肉やもつ鍋で人気のホルモン。

そのホルモンもたくさん種類があり、欠かせないのがシマチョウです。

ただ小腸や大腸と何が違うのか、またコテッチャンやテッチャンと何が違うのか。

複雑な牛ホルモンの中のシマチョウについて徹底解説します。

これを知ることで迷わずオーダー出来るので安心かつホルモン通です。

牛ホルモンのシマチョウとはどこの部位?

ホルモンのシマチョウとは、牛の大腸のことを言います。

表面が縞模様になっていることからシマチョウと呼ばれています。他にもテッチャンダイテツ、お店によってはホルモンで提供しているところもあります。

胃から小腸、大腸、直腸とつながっていて、牛一頭から約1~1.5kgほどしか取れません。ちなみに小腸は牛一頭から約8~10kgほど取れるので、小腸よりも希少価値が高いです。

牛ホルモンのシマチョウの特徴

シマチョウは少し脂が付いていて多少歯ごたえがあります。

シマチョウは小腸(コテッチャン)よりも脂が少なく、直腸よりも脂が多い。

歯ごたえは小腸よりも硬く、直腸よりも柔らかい。

焼肉やもつ鍋に入れて食べることが多いですが、野菜といっしょに炒めてホルモン焼きにしたり、焼きうどんに入れてホルモン焼きうどんにしても美味しい部位です。

ホルモン全般に言えることですが、専門業者から仕入れるときに臭いや汚れがあるため販売・提供する前に丁寧な掃除の作業が必要です。

丁寧な作業を行うことで新鮮で美味しいものになるので、ホルモン特にシマチョウが美味しいかどうかでお店の良し悪しが判断できると言われています。

脂の量   多い →  普通  →  少ない

      小腸   シマチョウ   直腸

歯ごたえ 柔らかい → 普通  →  硬い

      小腸   シマチョウ   直腸

シマチョウとテッチャンと大腸の違い

地域やお店、業者などによって呼び方は違いますが、シマチョウもテッチャンも大腸も同じ部位です。

シマチョウ = テッチャン = 大腸

シマチョウの下処理

皆さんがよく疑問を持つシマチョウの下処理に関してですが、購入した状態によって異なります。

シマチョウの冷蔵品を購入した場合

シマチョウを生(冷蔵)で購入し、見た目の汚れや臭いなどが気にならなければ基本的にそのまま調理しても問題ないです。

臭いや汚れが多少気になる場合は、沸騰したお湯の中に約30~60秒浸けて湯通ししてください。

シマチョウを長時間湯通しすると、脂が抜けて縮んでしまい美味しさも半減するので注意してください。

そのあと焼いたりもつ鍋などに入れて召し上がってください。

シマチョウの冷凍品を購入した場合

シマチョウを冷凍で購入した場合、まずは解凍してください。

急な解凍はシマチョウに限らず食材の細胞を壊し、品質が下がるため時間があるのであればゆっくり時間をかけて解凍することをおすすめします。

使用する前日に冷凍庫から冷蔵庫へ移したり、購入した日に使うのであれば冷凍品をビニール袋やフリーザーバッグに入れて氷水に浸けて解凍します。

解凍したシマチョウの状態を確認し、余分な脂や汚れがあれば取り除きます。臭いが気にならなければそのまま調理しても大丈夫です。

多少臭いや汚れが気になる場合は、冷蔵品同様湯通しして下さい。

冷凍品は見た目で状態がわかりにくいため、出来るだけ湯通ししてから調理することをおすすめします。

シマチョウの焼き方のコツ

シマチョウの焼き方のコツ。自宅のフライパン、ホットプレート、無煙ロースターなどで焼く場合。

ホルモンは火の通り具合がわかりにくく、食べごろがわからないと言う方も多いです。

シマチョウに関しては、まず身の付いた面から焼きます。

脂の面から焼くと焦げやすく脂の飛び跳ねる原因にもなります。

焼く時間は見た目の色を見ながら確認します。身の色がピンクまたは白っぽい色から濃い色へと変化したらひっくり返す合図。少し焦げ目がつくのを目安にしてください。

脂の部分が半透明になったら食べごろです。

シマチョウのもつ鍋

シマチョウをもつ鍋に入れるときのコツ。

基本的にはシマチョウは湯通ししておきます。他のホルモンも入れる場合はいっしょに。

シマチョウやホルモンに火を通りしておくことで、お鍋に入れてから短時間で食べごろになるため。あまり長時間煮込むと脂が減り縮んで硬くなるので注意してください。

お鍋に野菜(キャベツ、もやし、ニラ、ごぼうなど)をセットし煮込みます。ホルモンはある程度野菜に火が通ったらシマチョウを入れます。

数分経てば食べごろです。見た目での判断がしにくいですが、シマチョウの脂に味が染み込み、色が変わっていれば食べごろです。

シマチョウのおすすめ商品

牛ホルモンの生シマチョウ

国産の鮮度抜群のシマチョウ(テッチャン)をお探しの方必見。
100gからの注文が可能なので安心。少量に対する送料が高いと思う方にはおすすめしませんが、鮮度にこだわったシマチョウを自宅で焼肉やもつ鍋などで堪能したい方におすすめします。

ホルモンが好きでも小腸やマルチョウは脂が多すぎて苦手な方、シマチョウは脂が少なめのため食べやすいです。

黒毛和牛の冷凍テッチャン

上質な黒毛和牛A5ランクのシマチョウをお探しの方必見。
お肉ももちろん上質ですが、宮崎県産にこだわったホルモンも見逃せない。
急ぎで生のシマチョウを購入したい方にはおすすめできませんが、冷凍品なので使いたいときに解凍出来るので安心。

臭みが少なくほど良い脂で柔らかいシマチョウをご堪能下さい。


まとめ

以上で牛ホルモンのシマチョウについて解説しました。

ホルモン通には欠かせないシマチョウ。

シマチョウの鮮度や味が良ければ、そのお店がホルモンやお肉にこだわっている証拠と言われています。

お店選びの参考にしてみて下さい。

焼いて食べるのも、もつ鍋に入れるのもそれぞれ違ったシマチョウを楽しめます。美味しい食べ方を知った上でシマチョウの魅力を堪能していただければ幸いです。

【お肉なび】ではお肉やホルモンを最大限に美味しくする方法を発信していきます。

牛ホルモンミックスおすすめ部位と下処理方法!通販商品紹介

最初のコメントをしよう

必須