【牛テール】スープ&煮込みに最適!でも実は焼肉が一番!?

焼肉屋さんで見かける牛テールスープ

料理の得意な方や趣味で料理が好きな方なら、ご自身でこだわりのテールスープを作られるかもしれません。独特の旨味が癖になります。

今回はそんな牛テールについて詳しく解説しています。

牛テールをスープにするのはもちろん美味しいですが、焼肉で食べると抜群の旨さなのはご存知ですか?
なかなか手に入らない焼肉用のおすすめ商品も合わせてご紹介します。

牛テールとはどこの部位?

牛テールは牛のシッポのことです。

約50~60cmほどの長さがあり、お尻の付け根部分が太く先に向かって細くなっています。

牛テールの特徴

牛テールは牛一頭で約1.5~2kgほどしか取れない希少部位です。

コラーゲンが豊富で旨味が詰まっているのが特徴。

中心に骨があるため、包丁で切るのは難しいです。関節ごとに切ることは簡単ですか、薄く切る場合は電気ノコギリなど専用の機械が必要です。

画像はテールの骨。

牛テールの使用用途

牛テールの使用用途で代表的なものは、やっぱり牛テールスープ

長時間煮込んで出汁を取り、スープやカレーなどに使うことが多いです。

テール独特の白く濁ったスープ、丁寧に脂を取り除いたら透き通ったスープになります。丁寧に作ったテールスープは他では味わえない抜群の美味しさです。

その他の使用用途として、牛テールを焼肉でも美味しく食べられます。

牛テールは焼肉がおすすめの理由

牛テールはコラーゲンたっぷりで旨味が詰まっていてかつあっさり。

他の部位では味わえない旨味と歯ごたえです。

焼肉用ではテールを輪切りにした薄いスライスで食べることが多いですが、骨が硬いため薄く切るには専用の電気ノコギリが必要です。

テールの中でも特におすすめなのが、黒毛和牛のテール
輸入牛や国産牛(乳用種)よりも黒毛和牛の方がより旨味が強く、肉質が柔らかいです。火を通すことで骨周りのお肉は、ほどけるように取れるのでしっかり焼いて食べるのがおすすめです。

牛テール 通販おすすめ商品をご紹介

牛テールの商品は希少価値が高いため多くありません。

カットするのも技術が必要なため、用途にあったカットの商品を見つける必要があります。

牛の品種、商品の状態、カットの状態を考慮し、精肉のプロが厳選しておすすめする通販商品をご紹介します。

自宅で牛テールを堪能してください。

国産牛テール 焼肉用スライス 150g

少量からでも注文が出来て安心。
初めてでも試しやすい国産牛テール150g入り。ただし送料は別なので注意。

贈り物には不向きですが、自宅の自分用・家族用に最適です。
少量で若干割高ですがお試しには最適です。

旨味の詰まった部位を味わってください。その他のホルモンも充実しているので合わせて購入も可能。

キャッシュレス5%還元対象。

黒毛和牛テール スープ&煮込み用 300g

やっぱり牛テールはスープにしたい。
そんな方のためにおすすめするのが黒毛和牛のテール300g。

スープなどを作りたい量に合わせて300g単位で購入出来るので安心。
商品によって根元の太い部分や、真ん中辺りと先の部分を合わせた商品になる場合があります。

黒毛和牛だから味わえる旨味と甘みをご堪能下さい。こだわる価値があります

キャッシュレス5%還元対象。

まとめ

牛テールについて解説しました。

スープでも焼肉でも堪能できる牛テールを、ご自宅で是非堪能してください。

焼肉用は滅多に販売していません。

テールスープ用も和牛以外の商品も非常に多く、見極めるのが難しい場合もあります。国産牛の表記で商品として安心で間違いはないですが、黒毛和牛の商品が特におすすめです。

牛テールスープの簡単作り方は別でご紹介します。

【お肉なび】では牛肉の細かな部位の特徴や食べ方をご紹介しています。

ビーフシチュー用の牛肉おすすめ部位7選!部位で調理法が決まる

最初のコメントをしよう

必須