【牛肉のザブトン】とはどこの部位?肩ロースの一番の見せどころ!

最近、牛肉もレアな部位を提供するお店が増えてきています。

一頭の牛からわずかしか取れない希少性の高い部位を希少部位といい、牛肉のザブトンも希少部位の一部です。

そんなザブトンですが、知らずに何となく注文して食べている方必見。

ザブトンに限らずお肉の部位の特徴や個性を知った上で食べると、さらに美味しさが激増します。

座布団との関係性はあるのか乞うご期待。

牛肉のザブトンとはどこの部位?

ザブトンは牛肉の肩ロースの一部。

別名ハネシタとも呼ばれています。

肩ロースを細かく分割したときに分けられる部位で、肩ロースの中で最もサシ(霜降り)が入りやすく価値の高い部分です。

牛一頭から約4kg前後しか取れない希少部位です。

牛肉のザブトンの特徴

ザブトンは肩ロースを分割したときに、厚みがあって四角い形をしていて見た目が座布団に似ていることからそう呼ばれています。

単純ですが見た目で名前が付けられているお肉は多いです。

 

キメが細かくサシ(霜降り)が入りやすい部位で、多少スジがあり繊維の方向が均一ではないため、食べるときにほど良く食感があります。

味は濃厚で見た目は脂身がきつそうですが、サーロインなどに比べるとあっさり食べることが出来ます。

画像は肩ロースを半分に切った断面です。黄色の線で囲ったサシ(霜降り)が入った部分がザブトンです。

牛肉のザブトンの使用用途

ザブトンは焼肉用ステーキなどにカットして使われることが多いです。

焼肉用でお店が提供する場合、上ロース・上肩ロース・特上カルビ・ザブトン・ハネシタなどで出されることが多いです。

 

肩ロースを分割せずに使う場合、すき焼き用やしゃぶしゃぶ用に薄くスライスして使われることが多いです。

上ロース・肩ロースなどで提供されることが多いです。

ザブトンは厚みがあっても柔らかいですが、肩ロース全体ではスジの多い部分があったり繊維の方向が複雑なため厚く切ると少し硬めです。

牛肉のザブトンはどこで買える?

「お肉のザブトンを買いたいけど、どこに行けば買えますか?」

希少部位の知名度も上がり、そんな声も聞くようになりました。

自宅でゆっくりくつろぎながら焼肉が楽しめたら最高ですよね。

 

ただ正直、ザブトン単品を購入するのはなかなか難しいです

肩ロースを分割するのを嫌がるお店が多いため、精肉専門店は期待できないかもしれません。

どうしても食べたい場合は、インターネット通販で購入するかメニューに載っている焼肉屋で食べることをおすすめします。

スーパーのパック売りでもときどき見かけますが、そのときは牛の品種を確認してください。黒毛和牛、交雑種、国産牛(ホルスタイン)、外国産(アメリカ産)など。

ザブトン・肩ロースは黒毛和牛

上質なザブトンが食べたい場合は、黒毛和牛をおすすめします。

出来るだけ赤身のザブトンが食べたい場合は、外国産をおすすめします。

アメリカ産牛肉のザブトンはチャック・フラット・プレートチャック・フラップ・テールという名前で販売されています。ただしスジなどが付いたブロック肉で業務用がほとんどです。

外国産の赤身肉でステーキとして食べたい場合は、肩ロースの厚切りがリーズナブルで手に入りやすいのでご参考まで。

【牛肉の霜降り】本当に美味しいのか?最強霜降り部位6選!

牛肉ザブトン・肩ロースのおすすめ商品3選

ザブトンの食べ方は焼肉、ステーキ、すき焼きなどいろいろあります。

その中でもおすすめの商品を用途別にご紹介します。

佐賀牛ザブトン焼肉用 400g

佐賀県産の中でもブランド牛の佐賀牛焼肉用400g。
ザブトンの焼肉用で見た目も鮮やかな霜降りで、甘みと深みのある上品な香りが楽しめます。

霜降り(脂身)の苦手な方にはおすすめできませんが、希少部位ザブトンの中でも厳選された佐賀牛で濃厚で溶けるお肉を堪能したい方におすすめです。

こだわったパッケージもギフトに最適です。贈り物やお祝いなどにもおすすめ。もちろん自分へのご褒美にもどうぞ。

黒毛和牛最高級ザブトンステーキ 500g

黒毛和牛の中でも厳選された最高級のザブトンステーキ。
贅沢にも500gのブロックで、お好みの厚みや大きさに合わせてカット出来るのが魅力。

産地やブランド牛にこだわる方にはおすすめできませんが、15年以上牛肉の仕入れをした経験から、そのときに良い最高級のお肉を仕入れリーズナブルに販売するものを魅力に感じる方におすすめです。

なかなか手に入らないザブトンの溶けるステーキを堪能したい方におすすめです。いつも決まったステーキを食べていて、たまには違うお肉も試してみたい方に特におすすめです。

常陸牛最高級A5霜降り肩ロース 500g

茨城県産常陸牛の最高級A5ランクの肩ロースすき焼き用。
日本三大和牛(神戸ビーフ・松阪牛・近江牛)に引けを取らない上質なお肉。ザブトンの部位を含む肩ロースのスライス500g。

聞きなれたブランド牛にこだわる方や霜降りが苦手な方にはおすすめ出来ませんが、お肉を加工して35年のプロが選び加工する本物のお肉を試したい方におすすめです。

手作りすき焼きタレ付き、冷蔵便は鮮度に自信のある証拠です。

まとめ

牛肉のザブトンについてお伝えしました。

 ザブトンは希少価値が高く、目にする機会も少ないかもしれませんが見かけたら一度お試しください。濃厚で柔らかい食感が癖になるかもしれません。

ザブトンは焼肉で提供されていることが多いですが、贅沢にステーキや豪快に肩ロースのすき焼きもおすすめです。

牛肉は見た目の形で名前がついている部位も多く、地域や専門業者などに寄って同じ部位でも違った呼び方をするものも多いです。

 

【お肉なび】では皆さんのお肉の疑問を解決する情報を発信していきます。

最初のコメントをしよう

必須