【牛肉ランプ】聞いたことあるけど意外と知らない!人気上昇中の赤身肉!

牛肉のランプ肉やランプステーキなど見たことや聞いたことはあるでしょうか?

焼肉屋や鉄板焼きステーキなどでは以前からメニューにありますが、最近では肉バルや居酒屋も増えランプを取り扱う店舗も増えています。

聞いたことはあるけどランプってどこの部位でどんなお肉かわからない

知ってるようで知らない牛肉のランプを詳しくご紹介します。

牛肉のランプってどこの部位?

牛のサーロイン(腰)からモモ(お尻)にかけての部位をランプと言います。

牛のモモ肉は大きく分けて4つの部位(内モモ外モモシンタマラムイチ)があります。

その4つの中のラムイチをさらに小さく分割するとランプイチボという部位になります。ランプとイチボは隣り合わせでも全く違う部位ですがそれぞれの良さがあります。

ランプの名前の由来は、英語のrumpからきています。

rumpは動物の尻、牛のしり肉を表します。

牛肉のランプの特徴

ランプモモの中でも赤身サシ(霜降り)が入りにくい部位ですが、キメが細かく柔らかいのが特徴です。牛肉の中でも味が濃く旨味の強い部位です。

黒毛和牛の上質なお肉になるとランプにサシが入りA5ランクのものだと見た目で判断できます。

ランプをさらに分割するとラムラムシンランボソ)、ネクタイに分かれます。

ラムシンはヒレに似た部位で細長い形しています。

断面は女性の手のひらサイズくらいで、牛1頭(約400㎏)から約2㎏ほどしか取れない非常に希少価値の高い部位です。

もう一方のラムの断面(一番大きいところ)は男性の手を広げたくらいのサイズで、こちらも牛1頭から約4㎏ほどしか取れないので希少価値の高い部位です。

ロース(サーロイン)からつながっているところは柔らかいですが、もう片方は太めのスジが入り少し硬いです。

牛肉のランプの希少価値

ランプモモ肉の中で最も高値で販売されています。

ただサーロインやヒレ(ヘレ)に比べるとかなりリーズナブルです。

店舗によって価格設定が違うため一概には言えませんが、ヒレの半値くらいで購入できるところもあります。

ただ年々赤身肉の価格が高騰していることもあって、注目度も価格も上昇傾向にあり希少価値が高まっています。

牛肉のランプの価格

同じランプでも黒毛和牛、国産牛、輸入牛ではまったく価格が異なります。

黒毛和牛 100g  800円 ~ 4,000円

国産牛  100g   450円 ~  600円

輸入牛  100g   200円 ~  300円

独自の調査ですので若干異なるかもしれませんが大まかにこんな感じです。

黒毛和牛に関しては、牛肉のランクや店舗の価格設定によってかなり差があります。安ければ良いとも限りません。高ければ美味しいとも限りません。

その他に神戸ビーフなどのブランド牛になると100g4000円以上のものもありかなり高級品です。

ブランド牛に関する情報はこちらをご覧ください。

【ブランド牛】種類と特徴を解析!高級牛肉を安心して買える秘訣を伝授!

黒毛和牛の中でもランクがあったり店舗によって価格設定が異なるため、かなり価格幅があります。

実店舗であれば他のお肉の質を見極めながら選びましょう。

牛肉のランプの使用用途

ランプの良いところは非常に使用用途が多いところです。

ステーキ、焼肉、すき焼き、ローストビーフ、ビーフカツなど万能なので好んで使用する店舗も多いです。

ラムステーキ用に厚くカットしてもキメが細かいため柔らかいです。

焼肉では上赤身肉として使用したり、スライスして赤身のすき焼きにも最適です。

ラムシンは成形がローストビーフに向いているのでおすすめしています。

もちろんステーキでも焼肉でも全然大丈夫です。

【牛肉の切り方】繊維方向を見極めろ!ローストビーフ切り方のコツ

牛肉のランプとイチボの違い

隣接しているランプイチボですが、同じモモ肉でも使用用途や肉質が全く異なります。

ランプサシが入りにくいと説明しましたが、イチボに関しては反対にサシが入りやすい部位です。

イチボもランプ同様にステーキ、焼肉、すき焼きなどに使用しますが、繊維の方向をしっかり見極めてカットしていかないと硬くなってしまいます。

ランプは繊維方向をそこまで意識しなくても大丈夫ですが、イチボは部分的に切り分けて薄くカットしたり厚くカットしたりするので技術が必要になってきます。

同じモモ肉でも見た目は全く違うのでそれぞれの特徴を理解し購入していただけると幸いです。

牛肉の【イチボ】とはどこの部位?焼肉以外の美味しい食べ方

牛肉ランプステーキ(実践)

実際に自宅でランプステーキを焼いてみました。

今回は最高級A5ランク熊本県産のラムシン1枚約150gを使用しミディアムレアに仕上げています。

かなり上質なお肉です。ラムシン(ランプ)でここまで霜降り(サシ)が入るのは珍しく貴重だったので購入しました。

焼く30分ほど前に冷蔵庫から出し常温に戻します。

焼く直前に片面に塩コショウをしその面から強火で焼きます。

ある程度焼き目が付いたら返します。返すのは一度きり。そしてなるべく動かさないのが鉄則。

約2分くらい焼いてお皿にもって完成です。

すぐに食べたいところですが、お肉の旨味を逃がさないためにも冷めるまで少し時間をおきます。ここが最大のポイント。

最高の夜ご飯でした。ランプはあっさりかつ柔らかいのでおすすめです。

ご自宅で上質なお肉を焼く場合はこちらを参考にしてください。

【ステーキの焼き方のコツ】を伝授!高級肉を自宅で美味しく食べたい

牛肉ランプの栄養素

引用元:食品成分データベース

和牛肉は黒毛和牛、乳用肥育牛肉は国産牛、輸入牛はそのまま外国産を表します。

サーロインやバラに比べるとかなり低カロリーです。

この辺りもランプが好まれる理由の一つです。

まとめ

以上で牛肉のランプについてご紹介しました。

精肉を販売していると、

出来るだけ赤身でやわらかいお肉はどれですか?

とお客様に聞かれることがここ数年で激増しています。

そんなときに万能なランプをおすすめすることが多く、購入してから次にお会いしたときに良い感想をいただくことが非常に多いです。

少し知識を頭に入れた上で食べると美味しさが増しますので是非お試しください。

お肉なび】ではお肉の知識やすぐに試せる簡単かつ美味しさアップの情報をお伝えしていきます。

上質なランプのおすすめ商品はこちらでご紹介しています。
美味しい赤身肉のランプにご興味あれば覗いて見て下さい。

黒毛和牛【ランプ】おすすめ5選!上質赤身肉が食べたい方必見

最初のコメントをしよう

必須