【松阪牛】100gの値段!本当に美味しい松阪牛の購入方法

ブランド牛で有名な三重県の松阪牛

皆さんは一度は口にしたことがあるでしょうか?

名前は知っていてもなかなか目にすることは少ないかもしれません。

全国的に販売店や提供できるお店が決まっているため、限られた店舗を探す必要があるためです。

そんな松阪牛の特徴や気になる100gの値段など絶品松阪牛の魅力をご紹介します。

全国どこにいても松阪牛が食べられる方法もお伝えします。

松阪牛とは

松阪牛の読み方は

つさかうし、またはまつさかぎゅうです。

まつざかうし、まつざかぎゅう、松坂はすべてNGです。

松阪牛になるにはいくつかの条件を満たす必要があります。

順番に解説します。

黒毛和牛で未経産(子を産んでいない)の雌牛(メス)

松阪牛は黒毛和牛の雌牛(メス)であること。

そして肥育期間に制限はないですが子を産んでいないことが条件。

松阪牛個体識別管理システムに登録されている

流通するすべての牛肉は10桁の数字の個体識別番号で管理されています。

どこで生まれどこで育ち、どのように流通されているかを管理するシステムで、松阪牛独自の管理システムもありそこに登録された牛肉だけが松阪牛として扱われます。

松阪牛生産区域で肥育

引用元:松阪牛協議会

三重県松阪市を中心とした旧22市町村を表します。

現在は市町村合併などで一部含まれないところもあるため、2004年11月1日に決まった市町村で示しています。

生後1年以内に松阪牛生産区域に導入

黒毛和牛で全国どこで生まれても、生後1年(12か月齢)までに松阪牛生産区域に移り住んでいること。

その後の移動も生産区域内で肥育されていることが条件です。

以上のすべてを満たしたものを松阪牛と定められます。

神戸牛のように月齢制限や体重制限、等級の制限もありません。

特産松阪牛

松阪牛の中でもさらに兵庫県産の子牛を松阪牛生産区域内で900日以上の長期間肥育した牛のことを特産松阪牛と呼びます。

非常に価値の高いお肉で赤身・脂身ともに抜群の質です。

松阪牛の100gの値段

松阪牛は店舗によって価格が異なります。

牛一頭丸々仕入れて全体を販売・提供するお店と、

牛を部分的に仕入れて販売・提供するお店があります。それぞれお店によって得意とする商品が異なるため参考まで。

各用途別に松阪牛の100gの値段を見ていきましょう。

松阪牛のA4、A5等級を基準にしています。

あくまでも【お肉なび】の独自調査でお伝えします。

松阪牛ステーキ

・サーロイン  3,000円~7,000円

・ヒレ     4,000円~8,000円

・ランプ    2,000円~4,500円

【松阪牛のステーキ】本場のお肉を自宅で味わえる!取り寄せ

松阪牛すき焼き・しゃぶしゃぶ

・リブロース    3,300円~7,000円

・肩ロース     2,200円~4,000円

・肩(ウデ・ミスジ)2,000円~4,000円

・肩バラ      1,500円~2,000円

松阪牛焼肉

・特上カルビ  2,000円~3,500円

・上カルビ   1,800円~2,000円

・モモ     2,500円~4,000円

 

あくまでも独自調査です。松阪牛は等級(A1~A5ランク)の基準がないため価格が幅広くなっています。A5ランク限定となっていない場合の等級が不明のため、より上質な松阪牛を求める場合はA5ランク限定をおすすめします。

安すぎるものや高すぎるものには注意してください

※2019年5月現在の価格です

【松阪牛の焼肉】おすすめ通販商品!自宅で美味しい焼き方伝授

松阪牛と和牛の違い

松阪牛と和牛の大きな違いは、霜降りの脂の融点が低いことが一番のポイント

融点とは脂が溶ける温度のこと。融点が低ければ低いほど脂が溶けだすのが早い。

神戸牛やブランド牛に共通しているのはその融点が低く、他の和牛に比べて脂の溶けだす温度が低い。

融点が低いことで食べたときに柔らかく、溶ろけるお肉が味わえ、消化しやすいお肉になります。

よって松阪牛は和牛に比べ脂が溶けやすいことで胃もたれしにくいお肉ということになります。特に松阪牛の中でも特産松阪牛はその違いがはっきりわかります。

【牛肉の融点】人肌で溶けるお肉って何?

松阪牛を購入するには

今ではインターネットのおかげで全国どこにいても松阪牛を購入することが可能です。

実店舗やインターネットを使って上手にお買い物をしましょう。

松阪肉牛協会の会員店で購入する

全国に松阪牛の取り扱い店があるので、自宅近くにあればそこで購入する方法

常時松阪牛を取り扱っていない店舗もあるそうなので、事前に店舗へ確認する必要があります。

松阪肉牛協会の会員店はこちら

三重県松阪市の専門店で購入

本場の三重県松阪市に行き専門店で購入する。

実際に現物を目で見て、品定めをした上で購入する方法です。

自分の目で見て購入するのが一番です。

生ものなので購入したら保管のことも考える必要があります。店舗からの発送も可能なので利用するのも一つです。

インターネットの松阪牛取扱店から取り寄せる

値段重視で考えた場合、実店舗がない方がコスト面から考えたときに安いかもしれません。

価格やレビューなどしっかりリサーチした上で、店舗を見極めることが出来ればお得に購入できるチャンスです。

値段もしっかり見極めて下さい。インターネットで本物を見極めるのは非常に難しいです。何度もお伝えしますが、安すぎるものや高すぎるものには十分注意してください。

実店舗とインターネット販売を両方行っている店舗がおすすめ

一頭買いなど仕入れをしっかり行っている店舗は、価格が良心的で信用もあるので安心です。


赤身肉でお肉本来の味を味わうのに最適です

老若男女問わず食べやすい赤身肉がさらに松阪牛で味わえます。

桐箱入りで贈り物にも、自分のご褒美用にもおすすめです。

松阪牛の証明書

引用元:松阪牛協議会

松阪牛を証明するためのシールや証明書があります。

店舗によっては購入したときに証明書が付いてきたり、店舗にシールが貼られています。本物の松阪牛であることがわかるものが目で確認できるものがあれば安心です。

その辺りも含め購入する判断材料にしてください。

【ブランド牛】種類と特徴を解析!高級牛肉を安心して買える秘訣を伝授!

まとめ

以上で松阪牛の値段と特徴、購入までをご紹介しました。

高級なブランド牛には必ず紛らわしい表示をした商品が存在します。

本物を見極めるためにも、判断材料になる情報を頭に入れて購入することをおすすめします。

贅沢なお肉を大切なときに購入する場合は失敗することを避けたいものです。

少しでもお役に立ち美味しい松阪牛を良いお店で購入し、至福のひと時をお過ごしください。

【お肉なび】ではお肉に関する安心安全な情報を発信していきます。


本物の商品を最高の状態で味わうには冷蔵便がおすすめです。

冷蔵便の賞味期限は発送日から約5日と非常に短いため、加工してすぐに出荷されるため最高の状態で届きます。

特別な贈り物に桐の箱はさらにワンランクアップし、お肉を際立たせてくれます。大切なときこそ本物の松阪牛を

最初のコメントをしよう

必須